ハチやゴキブリ駆除にかかる費用|事前の見積りで安心

女性作業員

蜂の被害を防ぐために

悩む女性

駆除の需要は増えている

ここ最近蜂の巣退治の需要というのは増えてきており、蜂の巣の退治を行っている駆除業者への依頼も増えています。蜂の仲間というのは暖かい気候を好むため、気温が高くなると活発に活動します。特にスズメバチの仲間というのは、冬の間は女王蜂単体で越冬した上で、春先になって暖かくなると一匹で巣作りをして卵を産み、働き蜂を増やしながら巣を成長させます。そして涼しくなる秋の終わりごろには働き蜂や雄蜂はみな死滅して、また女王蜂一匹で冬眠する、というサイクルを繰り返します。こうしたことから暖かい期間が長い年はスズメバチの数が多くなり、逆に涼しい年や天候不順の年というのはスズメバチの数が少なくなります。近年は温暖化などの影響で暖かい期間が長くなる傾向にあり、その分スズメバチなど蜂の活動時間が長くなり、数も増えやすくなっていて、人との接触の機会が増えているのです。こうしたことから蜂の巣を家に作られてしまうケースも多く発生しており、蜂の巣退治の需要も増えているのです。

自宅に巣を作られたら

自宅に蜂の巣を作られてしまった場合には、とりあえず刺激しないことが重要です。基本的に蜂の仲間というのは、防衛目的のために人を刺すので、蜂自身や蜂の巣を攻撃したりしなければ、刺される危険というのは少なくなります。様子を見たりしようとして近づいたりするのは、刺激してしまう事になるのでやめましょう。ミツバチやアシナガバチなど、比較的おとなしい種類の蜂であれば、人が近づかないような場所であればそれほど危険はありません。ただスズメバチの場合には、巣の側にいるだけでも敵とみなされて攻撃されかねないので、なるべく早く退治する必要があります。小型の蜂の巣であれば、殺虫剤などを使って退治することも出来るのですが、大型になると個人的に対処するのは危険です。スズメバチなどの場合には刺されると命の危険もあるので、蜂の巣を退治したい場合は専門の駆除業者に依頼するようにしましょう。